投稿

2019の投稿を表示しています

【期間限定】フラグスタート特別パッケージ 発売!!

イメージ
アメリカで大流行し、日本でも流行の兆しを見せるフラグサンゴ フラグになったたくさんのサンゴをアクアリウムショップで見かけた皆さんも多いのではないでしょうか? (フラグって何だろう?という方はこちらをご覧ください)

○興味はあるけど、フラグの作り方が分からない・・・ ○フラグを作るために必要なアイテムが分からない・・・ ○単純にフラグ製作用のアイテムの値段が高い・・・ ・・・などフラグに興味はあるけど、初めての方にぴったりのパッケージが期間限定で発売!フラグスタート特別パッケージ
フラグサンゴを楽しむために必要なアイテムがひとまとめに、しかもお得な価格での発売になりました! フラグスタート特別パッケージのセット内容 1.お試しフラグセット
・サンゴ専用プラググロウフラグプラグ ・サンゴ用強力接着剤スペシャルコーラルグルー「フラグの作り方」:フラグの作り方がまとめられたリーフレット 2.フラグサンゴを飾り、ガラス面に磁石で設置する専用ラック「コーラルフラグベース」 サークル(小)、スクエア(小)、サークル(大)、スクエア(大)の4種類からお一つ


 3.フラグにしたサンゴに付着する不純物や病原菌を予防する「コーラルセーフ
※各商品の詳細は商品名にリンクがありますので、よろしければそちらをご覧下さい。_____________________________________ スクエア(小)セットには
グロウフラグプラグ スクエアタイプ 3個 コーラルフラグベース スクエア(小)1個
コーラルセーフ 1個 スクエア(大)セットには
グロウフラグプラグ スクエアタイプ 6個 コーラルフラグベース スクエア(大)1個 コーラルセーフ 1個 サークル(小)セットには
グロウフラグプラグ サークルタイプ 3個 コーラルフラグベース サークル(小)1個 コーラルセーフ 1個 サークル(大)セットには
グロウフラグプラグ サークルタイプ 6個 コーラルフラグベース サークル(大)1個 コーラルセーフ 1個 _________________________________________ フラグサンゴを初めるなら、今!! 期間限定パッケージですので、 お近くのショップで早めにお求めください! 最寄りのショップはこちらでお探しいただけます。

ゴールデンウィーク出荷体制のお知らせ

イメージ
今年のゴールデンウィークは大型連休となり、 弊社から店舗様への物流に大きな混雑が予想されます。
運送会社様のご都合もあり、来週から発送に規制がかかってしまいます。
連休期間中に水槽の設置や、キャビネットの組み立てをご検討されているお客様は、
GW前に商品の到着を間に合わせる為にも、
今週中に店舗様へのご注文をご検討下さいますようお願い申し上げます。

GW前の最終注文日は最寄りの弊社製品取扱店舗様へお問い合わせいただきますようお願い致します。



また連休明けに関しましても、物流の混雑が予想されますのでご注意ください。

なお、4/27(土)~4/29(月)、5/3(金)~5/6(月)はエムエムシー企画レッドシー事業部は休業といたします。
この間にいただいたHPからのお問い合わせは、翌営業日以降にご返答させていただきます。

ベールを脱いだ最新型アクアリウムライト、"ReefLED™"

イメージ
Red Sea より発売予定の最新型マリンアクアリウム用LEDライト、 "ReefLED™"の情報がついに公開されました。 是非、その素晴らしい性能、多彩な機能、そして裏付けられた実力をホームページにてご確認ください! 発売時期や価格などは追ってお知らせいたします。 Coming soon !!

オルカ水槽 背面ガラスが選べます!

イメージ
オルカT-60、T-90水槽背面が クリアガラス・ブラックガラスの2種類から選べるようになりました。 (*T-45はクリアガラスのみ。)

ブラックガラス ブラックガラス、ブラックシリコン、ブラック三十管パイプと全体が黒で統一されています。また、汚れが目立ちにくく、魚の色が映える仕上がりとなっています。 

クリアガラス4面がウルトラクリアガラス仕様となっています。 好みのバックスクリーンを使うこともできますので青いスクリーンで明るい印象の水槽を作りあげたり、クリアガラスそのままで透明度の高い水槽として好みに合わせて使うことができます。


今回はバリエーションの紹介でしたが、製品特徴については過去記事で紹介しています。 ここでは知ることのできない内容が詰まった記事となっています。



サイズ等の詳細はエムエムシー企画HPでご確認ください。

+5センチの贅沢・・・高級淡水用水槽Fresher!!

イメージ
海水用品メーカーとして、ハイクラスの商品を提供するRed Seaから 最高の淡水用水槽 が誕生!! これまでにない水槽体験のために、Red Sea FRESHERフレッシャーは様々な特徴を備えています。 1.通常よりも5センチの余裕
通常の60ワイド水槽の寸法は60×45×45cmですが、 フレッシャー130は高さ、奥行ともに5cm大きくなり、60×50×50cmとなっています。 更にフレッシャー200、275は高さが53cmとより高くなっています。 10%の余裕と没入感 たかが5cmと思われるかもしれませんが、 比率的には奥行が10%以上、高さも10%以上も大きくなっていることになります。 このことは鑑賞する上で絶対的な違いがあります。 より高い=より深い水深 より深い水深と奥行は水槽に包まれるダイナミックな経験を可能にし、 皆様を水槽へと引き込むことでしょう 2.没入感を阻害しないウルトラクリアガラス 非常に透明度の高いウルトラクリアガラスを採用。 ガラスの存在を感じにくく、水槽への没入を阻害しません。  美しく面取りされたガラスも高品質の証です。 3.美しいシリコン処理、ガラス加工! ガラス自体が美しくても、シリコンの処理やガラスの加工が汚ければ台無し。 フレッシャーは、シリコンのはみ出しはほとんどありません。
更に底面はシリコン接着面をプラスチックパーツで保護し、長く使用して頂けます。

4.スタイリッシュな専用キャビネット フレッシャー専用キャビネットはレッドシーのロゴが誇らしげについた美しいもの。
キャビネットの扉もエポキシ加工され、高級家具のような質感です。


プッシュオープナーとステンレススチールの扉のヒンジで
快適に扉の開閉ができます。

5.計算されたコンビネーション 専用キャビネットの特長は高級感だけではありません。
水槽とデザイン的に統一感があり、素晴らしい存在感を放ちます。 更にフレッシャーの前面ガラスはキャビネットから浮くようにデザインされています。 浮いた空間からは光が入り、水槽内をより明るく演出します。
6.その他の特徴 ブラックシリコン ガラス面の接着には、
通常の透明なシリコンとは異なるブラックシリコンを採用。 コケ類も目立ちにくくなっています。
ブラックバックスクリーン 水草の緑がより映えるブラックバックスクリーンを背面に貼っています。 (取り…

ここが違う!! ~アルティメットアクアリウムDCポンプ~

イメージ
ポンプには様々な種類があります。 水槽内に動きを作る為の"水流ポンプ"や、
サンプから水槽へ水をまわすための"循環ポンプ"。
その中でもACポンプやDCポンプがありますが、
今回はDCタイプの循環ポンプのご紹介です。



アルティメットDCポンプの良さ①ACポンプよりも静か DCポンプとはACポンプと比べて電流の流れが違います。
そのためDCポンプは本体の振動も少なく静音性に優れています。

②省エネ&トルクが強い DCポンプは消費電力が少ないのも魅力の一つです。
例えばDC8000と同等のマグネットポンプを一ヶ月の電気代で比較をすると
マグネットポンプの消費電力が約7,090円に対し、DC8000ポンプは約1,320円!!
一ヶ月だけでも5,770円の差があり、
これを年間で見比べると約70,000円の差になります。

アルティメットアクアリウムDCポンプはトルクが強いので
高い揚力でも少ない電力で力強い運転をします。
アルティメットアクアリウムDC5500と近い他のDCポンプと比較をすると、最大流量5000L/hの場合105W、6500L/hの場合110Wの最大消費電力がかかります。

しかしアルティメットアクアリウムDC5500は
最大流量5500L/hで消費電力がなんと34W!!
他製品と比較しても圧倒的に少ない消費量です。
DCポンプの中でも¥42,000~と高価なポンプと感じてしまいますが、
この力量、消費電力をみれば24時間365日運転させることを
考慮しても経済的で頼もしいポンプです!
(*1kwh=27.0円計算 。*ACポンプは365W・関西電力の場合。)

③ポンプコントローラーで水流調整が可能 ACポンプで水流を調整しようとすると吸込み口のツマミを手動で調整すると思います。
しかしDCポンプではコントローラーで調整が可能なので、
ポンプを直接触る必要性も無く、簡単に流量調整ができます。
コントローラーの特徴 水流の変化は目視確認ではわかりにくく、ポンプの故障によって
水流が弱くなってしまったことに気づきにくいものです。 しかしアルティメットアクアリウムDCポンプはインペラーの回転数が
モニターに数値表記(RPM)されるのです。
それにより
インペラーの劣化やよごれなどによる故障にもすぐに対応する事が出来ます。
さらに現在使用している電気…

ポリプを開かせ、食べさせる!Polyplab社のコーラルフード!!

イメージ
Polyplab社のコーラルフードがアメリカを筆頭に世界で非常に高い支持を得ていることはご存知でしょうか?


ある研究においてはミドリイシを含めサンゴ類にエサを与えない場合と比較して、 Polyplab社のコーラルフードを与えたサンゴ類は2倍!!成長したと報告されています。
さらに興味深いことに、同じ研究でPolyplab社のものを含めた複数のコーラルフードの比較が行われています。 その結論は、必ずしもすべての人工コーラルフードに効果があるわけではないということです。 言い換えれば、コーラルフードであれば何でも良いというわけではない!!ということです。
それではPolyplab社のコーラルフードのどの点に、 サンゴの成長を実際に促進させるものがあるのでしょうか? 弊社取扱いの製品ごとに説明させていただきます。
Reef-Roids リーフロイズ

アメリカで絶大な支持を集めているコーラルフード1.原料はすべて実際にサンゴが食べるプランクトン!
実際にサンゴが自然下で食べる様々な海洋性プランクトンから作られています。
本当にサンゴに必要なエサであるか、効果があるかで悩む必要がありません。
2.サンゴが食べやすい、ちょうど良い粒のサイズ! エサの粒は150~200ミクロメーターでミドリイシを含めたすべてのサンゴにとって理想的な大きさになっています。
3.ターゲット給餌で確実に食べさせられる!
優れたエサでも実際にサンゴまで届かなければ、まったくの無駄になってしまいます。
リーフロイズはスポイトなどを使い、サンゴに直接給餌もできる
ため、確実にサンゴに届きます4.鮮度を保って保管できる! 粉状の飼料なので品質を保ったまま常温で保存できます。 匂いが落ちてサンゴが反応しない、劣化して栄養価が下がるといった心配も少ないです。 Polyp-Booster ポリプブースター すべてのサンゴのためのオールインワン液体濃縮フード1.頑固なポリプも開かせる!
サンゴにエサをとらせるにはポリプを開かせなければなりません。 ポリプブースターは非常にサンゴの反応がよいので、かたくなに開かないポリプすら開きます。
そのため給餌がより効果的になります。 2.驚くほどの高濃度! 高純度の原料を可能な限りの高濃度で含んでいます。
総水量100Lにつき1滴添加するだけです。
3.理想的な原料配分! サンゴの…

最新 フラグサンゴの特集②

イメージ
前回にのブログの内容ではフラグサンゴの魅力、フラグサンゴの作り方 について説明してきましたので、今回はフラグサンゴの飾り方
についてお伝えしていきたいと思います。


(*前回の記事をまだ読まれていない方はコチラ
フラグサンゴの飾り方 フラグサンゴの楽しみ方は色々な楽しみ方があります。
①専用のフラグベースに取り付ける    自分で作成したフラグを、専用のベースに取り付けることによって、 サンゴの成長を楽しむという本来のアクアリウムの原点回帰した楽しみ方があります

②レイアウトとしてライブロックに直接接着 フラグをそのままライブロックに接着させることもできます。 例えばいろんなカラーのマメスナのフラグを作成して、ライブロックに 接着することで、将来はカラフルで魅力のあるマメスナへと変化します。


③自分の理想のフラグ水槽をつくりあげる 最初は小さなフラグサンゴたちでも、多種類のサンゴをあつめることによって 見ごたえのあるとても立派な水槽をつくりあげることもできます。
フラグなので個々の成長状態や色上がりなどにあわせて
好みに並べ替えられる楽しさもあり手軽に始められます。
フラグベース紹介 フラグサンゴを飾るのに必要となる
フラグベースをエムエムシー企画でも取り扱っておりますので
ここでご紹介いたします。


コーラルフラグベース
こちらの2種類を弊社より販売しております。
それぞれに大小とサイズも2種類あります。


通水性のよいデザインとなっており、
前回ご紹介しましたフラグと同じタイプのベースを
セットすることにより綺麗な組み上がりとなります。



フラグベースにセットされたサンゴが
全体で光を受けられるよう120°の角度がついています。
ロゴが入った強力マグネットでガラス厚6~15mmまで対応可能です。


以上、2回に分けてサンゴ特集をお伝えしました。
記事を読んでいただき、フラグサンゴの楽しみ方や
フラグ作成に興味をもっていただけた方がいましたら、
これを機に始めてみてはいかがでしょうか。

エムエムシー企画からはこれからもサンゴ飼育されている方々に
おすすめ商品や情報を発信していきますので
これからもぜひご期待ください。

最新 フラグサンゴの特集①

イメージ
海外では現在主流となりつつあるフラグサンゴ。 日本でも広まりつつありますが、世界に比べるとその規模は
まだまだこれからといった状況です。

また自然環境の問題によって天然のサンゴが入手困難となっており、 大きなサンゴとなれば、今後さらに高価になることが想定されます。

そんな背景もあり、世界ではイベントが行われるほどにフラグサンゴが広まっています。



フラグサンゴの楽しみって? これといった決まりはなく、それぞれの楽しみ方があるのも一つの魅力でもあります。

・たくさんの種類、様々な色彩のサンゴを集めてコレクション   
・自分好みの個体サイズに調整したり、仲間と分け合い共有    
・飼育しているサンゴがダメージを受けてしまった時に隔離    
・成長を楽しむという本来のアクアリウムの原点に回帰するよい機会




フラグサンゴの作り方 フラグを作る場合、種類によって器具やカットの仕方が異なります。
今回はフラグとして人気の高いマメスナで説明します。

---------------①カット--------------- マメスナの場合カットしたいポリプ間に切れ目を入れ、
岩から剥がすように切り取ります。

---------------②ディップ--------------- フラグを作るうえで重要なポイントとなります。
カットした面から菌が繁殖したり、新しい水槽へ菌を持ち込むのを防ぐために
専用の薬液に漬けて予防します。


---------------③接着--------------- フラグに対し、個体を這わせるようなイメージで接着します。


---------------完成--------------- 特に難しいことはなく簡単に作ることができます。
完成したフラグはライブロックに接着したり、
専用のベースに差し込み鑑賞することもできます。

この内容は次回の特集②の記事で紹介します。



フラグ関連商品
エムエムシー企画からもフラグを作るための製品を取り扱っています。

・フラグ

表面が網目状で活着しやすくなっています。
種類は3種類あります。


・スペシャルコーラルグルー

サンゴを素早く接着させるための強力接着剤。
便利な使い捨てタイプになっています。


・コーラルセーフ

新しいサンゴやライブロックを水槽に迎える際に,付着生物や細菌を
除去します。フラグ作成時のディップとしても使用いただけます。



バブルラッシュ02(BR-02)がリニューアルして再入荷

イメージ
在庫切れとなっていたBubble Rush(バブルラッシュ02)BR-02が再入荷しました。
さらに、コレクションカップのデザインがリニューアル。

ということで今回はバブルラッシュ02の変更点や特徴を
ご紹介したいと思います。




バブルラッシュ02のコレクションカップが変更

前回のカップと比較し、変更されたことは一目瞭然。
今までのカップもかっこいいデザインではありましたが、
今回リニューアルされたことによって、

・角が無くなり、掃除が楽になった ・壊れにくい一体型構造になった
というように、使いやすさが向上しました。


・バブルラッシュ02の特徴 弊社からも色々な種類のスキマーを販売しておりますが、
バブルラッシュ02は対応水量が100~400Lですので
ALTIMAスキマーREEFERスキマーには無い
コンパクトなサイズとなっています。

またバブルラッシュには他社メーカーや、RsdSea MAXなど多数に使用され、
絶大な信頼で世界中に選ばれているSICCEのACポンプを採用しています。


前回の記事でも取り上げましたORCA水槽の場合ではT-45T-60に使えます。
RedSeaの水槽ではReefer NANOReefer 170に使えます。


もし45cm・60cmの水槽サイズでプロテインスキマーをご検討されている方、
バブルラッシュをオススメします。

信頼と使いやすさのORCA水槽

イメージ
ORCAのオーバーフロー水槽が美しいだけでなく、 安全性と使い勝手がよくなるよう様々な工夫がされていることをご存知でしょうか? MMC企画Redsea社のREEFERシリーズだけでなく、 ORCAブランドにてオーバーフロー水槽水槽用キャビネットも取り扱っております。


ORCA水槽はユーザーの皆様の視点に立って企画開発されているため、 さまざまな使用上の工夫がなされてます。 ① 三重管がブラック
通常の透明な配管ではコケが付きやすく汚くなりやすい部分ですが、 ブラックの配管は光を通さないのでコケが付きづらくなっています。 またコケが付くことによる配管の詰まりと水があふれるリスクを減らしております。 ② 背面はブラックガラス (画像は60センチのタンクです) コケや汚れを目立ちにくくし、 またバックスクリーンを別に貼って頂くよりも美しくご使用いただけるようになっています。 ③ フランジも標準装備
万一の水漏れ魚の飛び出し対策に役立ちます。 ④ キャビネットには3センチの落とし込み
この落とし込みによって万一の水槽のずれをある程度防ぐことができます。 さらに底砂を隠せるので、水槽のレイアウトを美しく見せられます。

⑤ キャビネットの高さは85センチ 椅子に座って鑑賞しやすく、
キャビネット内も高く作られていますのでスペースを有効に利用して頂けます。
もちろん安全性や使い勝手の良さだけでなく、ガラスは透明度の高い美しいウルトラクリアガラス、 水槽の高さ50センチによる迫力の鑑賞面など 水槽そのものも大変すばらしいものになっています。


ORCAオーバーフロー水槽とキャビネットは45センチ、60センチ、90センチでご用意しております。 ラインナップの詳しい内容はこちらをご覧ください。

ウルトラクリアガラス採用による美しさだけでなく、 様々に工夫されたORCAオーバーフロー水槽キャビネットを是非よろしくお願いいたします!

人気記事

+5センチの贅沢・・・高級淡水用水槽Fresher!!

ここが違う!! ~アルティメットアクアリウムDCポンプ~

【期間限定】フラグスタート特別パッケージ 発売!!

ゴールデンウィーク出荷体制のお知らせ

最新 フラグサンゴの特集①

オルカ水槽 背面ガラスが選べます!